おすすめMVNO 格安スマホ比較

結局、一番安い格安SIMってどこなの?格安スマホ価格比較表

 

 

ガブリエル
格安SIMってすごく会社が多いよね。選択肢が多いのは良いことだけど、全部比べるのはしんどい😥
格安SIMコンシェルジュ
そんな時は、①安さ②速度の速さのどっちかである程度絞ってから考えるといいよ!

 

格安SIMコンシェルジュ
今回は、安さをポイントにしてSIM選びをしよう!

 

 

【保存版】格安SIM価格比較表2017〜最安格安スマホ決定戦〜

通話なし(データ通信のみ)のプラン比較表

通話なし mineo IIJmio LINE NURO TONE DMM 楽天 UQ BIGLOBE U-mobile OCN NifMo DTI
500MB 700  ー  ー  790
1GB 800 500 480  600
2GB  ー 700 700
3GB 900 900 1,110 900  850  900  980  900  1,100  900  840
4GB 1,100
5GB 1,580 1,640 1,300  1,210  1,450  1,480  1,450  1,600  1,220
6GB 1,520 1,500  1,450
7GB 2,300 1,700  1,860
8GB 1,900  1,980
9GB 2,100
10GB 2,520 2,560 2,640 2,300  2,190  2,260  2,300  2,800  2,100
12GB 2,700
無制限 1,000 440  525  1,980  2,480  1,800 2,200

 

音声通話付きプラン比較表

通話あり mineo IIJmio LINE NURO TONE DMM 楽天 UQ BIGLOBE U-mobile OCN NifMo DTI
500MB 1,310
1GB 1,410 1,200  1,260  1,400  1,200
2GB  ー 1,400 1,380
3GB  1,510 1,600 1,690 1,600 1,500  1,600  1,680  1,600  1,580  1,800  1,600  1,490
4GB 1,800
5GB  2,190 2,220 2,220 2,000  1,910  2,150 1,980  2,150  2,300 1,920
6GB 2,200  2,150
7GB 2,880 2,400  2,560
8GB 2,600  2,680
9GB 2,800
10GB 3,130 3,260 3,220 3,000 2,890  2,960  3,000  3,500  2,800
12GB 3,400
無制限 1,953 1,140  1,250  2,680  2,980  2,980  2,500 2,900

※単位は全て円/1ヶ月 

 

 

それぞれ、各容量ごとの最安値の料金にマーカーをつけています。

 

表を見てわかるのは、容量によって最安値がぜんぜん違うということ!単純にどこが一番安いというものではないので、自分がどのくらい通信するのかによって変わってきます。

 

 

安さで選ぶ格安SIMならコレ!

【第1位】NUROモバイル

 

NUROモバイルは、表からもわかる通り最安値プランの数が最も多い格安SIM。まさに一番安い格安SIMといえるでしょう。そして、NUROモバイルのすごいところは、2GB〜10GBの通信容量を1GB単位で細かく選べるというところにあります。

 

ここまで細かく容量を選べる会社は他にありません。この細かなプラン設定によって、余分な容量を契約してしまう無駄がなくなり、結果的にさらに安くなります。そして余った容量は翌月に繰り越せる上に、契約容量も毎月変更可能なので、柔軟なプラン変更をすることで限界までスマホ代を安く抑えることができます。

 

 

NUROモバイルの特徴は、余計なサービスなどを削ぎ落とし純粋な価格と品質でシンプルに勝負するところにあります。なので安いだけでなく通信速度も安定しており、なおかつかけ放題といった主要サービスは抑えているので、かなり満足度の高いSIMになっていてオススメです!

 

 

→NUROモバイルの詳細記事を見てみる

↕︎
↓nuro mobile公式サイトを見てみる
NUROMOBILE

 

 

【第2位】DMMモバイル

 

DMMモバイルはNUROモバイルに次ぐプラン数を誇っていて、2GBと5GBではNUROモバイルより安いプランを提供している格安SIM。NUROが現れるまでは不動の最安を誇っていた会社です。

 

これらの容量での契約を考えているならもちろん、1GBといった小さな容量から20GBといった大容量までプランの種類が豊富なのもポイント。加えて速度の安定感やポイントサービスなどの独自サービスも高評価です。

 

最安格安スマホとしてはNUROに次ぐクオリティを誇っているので、こちらもコスパでオススメできる格安SIMです。

 

 

→DMMモバイルの詳細記事を見てみる

↕︎

↓DMMモバイル公式サイトを見てみる
DMMmobile

 

 

【第3位】DTI SIM

 

DTI SIMは、プランの種類こそ多くは無いものの、1GB、3GB、10GBの3プランで業界最安を記録している格安SIMです。他にかけ放題プランも業界最安です。

 

そして、DTI SIMの真髄はネットつかい放題や電話かけ放題、スマホレンタルサービスといった、基本料金ではわからないサービスの総合的な安さにあります。

 

特にヘビーユーザーにとってはかなりのコスパの良さですので、気になるサービスがあればDTI SIMも十分候補になります。

 

→DTI SIMの詳細記事を見てみる

↕︎

↓DTI SIM公式サイトを見てみる
DTI SIM_キャンペーンLP

 

 

 

今月のおすすめ格安SIM

ワイモバイル

ワイモバイルはソフトバンクの子会社で、キャリアと格安SIMの良いとこどりができる現状最もバランスが良いブランドです。ソフトバンクと変わらずストレスの無い通信速度の一方で料金が大幅に安くなっています。初めての格安SIMであったり、安くなっても品質を落としたくないという人に特にオススメ。基本料金の中に10分かけ放題が含まれていたりキャンペーンが他社より豪華だったりと死角なし。ソフトバンクからの乗り換えでも乗り換え割が適用されるので、すべての人にまずは検討して欲しい格安SIMです。

LINEモバイル

LINEモバイルは、後発で参入した格安SIMながら知名度とサービスの新しさでどんどん人気上昇中の格安SIM。最大の特徴が全格安SIMの中でもダントツの通信速度の速さで、どんな時間帯でもサクサク通信できます。また、キャンペーンの豪華さも特徴的で、3月は3ヶ月間基本料金が無料になるなどいつも以上に豪華なキャンペーン開催中です!

よく読まれている記事

1

ガブリエルどうせ格安SIMに乗り換えるなら、キャンペーンがお得な時がいいなぁ〜! SIMコンシェルジュだよね。でもたくさんある格安SIMのキャンペーンを比較するのってしんどくないですか? SIMコンシ ...

2

スマホの買い替えってかなり大きなイベントですよね。できればやっぱりiPhoneがいい。でも最新のiPhoneってとにかく値段が高い!! iPhoneをもっと安く買う方法ってないの!?と思ってる人は多い ...

3

  格安SIMにもたくさんの使い道がありますが、中でも人気のある使い方が「通話なし・データ通信のみ」での使用。   格安SIMは通話なしプランだと圧倒的に安くなるので、2台目に持つ ...

-おすすめMVNO, 格安スマホ比較
-, , , , ,

Copyright© 格安SIMコンシェルジュ , 2020 All Rights Reserved.