おすすめMVNO

ユーザー数No.1 OCNモバイルONE

unnamed

 

OCNモバイルONEは、有名プロバイダのOCNが提供する格安スマホサービス。知名度や早い段階からの参入で、格安スマホユーザー数はナンバーワンです。

 

OCNの特徴を一言でまとめると、良くも悪くもバランスが良く、安定しているといったところ。有名企業ならではの安定感がある一方、新しくてワクワクするようなサービスは無く、地道に運営しているイメージです。

 

 

また、OCNモバイルONE独自の特徴として、一日あたりの通信量を指定できるプランというのがあります。他社は、基本的に月単位での通信量契約になりますので、毎月ついつい使いすぎて月末に速度制限がかかってしまうという方は、上手く調節できるOCNが向いているかもしれません。また、敢えて毎日の通信量を制限することで、通信を抑えてスマホ代節約をするという使い方もできます。

 

 

 

OCNモバイルONEの他社との違いをまとめると、次のようなものがあります。

 

①1日単位、または1月単位の通信量プランを選べる

②開通手数料が300円程度で済む

③利用開始月の料金無料

④無料のオプションサービスが豊富

⑤OCN光モバイル割

それぞれ、具体的に説明していきます!

 

button1

 

 

①1日単位、または1月単位の通信量プランを選べる

OCNモバイルONEには、冒頭でも触れた、1日単位での通信量設定プランがあります。具体的には、110MB/日で1,600円のプランと、170MB/日で2,080円の2プランです。通常通りの、月単位プランもあり、それぞれ比較すると下のようになります。

 

スクリーンショット 2016-05-12 23.23.15

(OCNモバイルONE公式ページより)

 

 

 

 

1日110MBプランの場合で見てみると、30日だと110×30=3300MB、つまり3.3GBですので、月3GBプランに申し込むよりも大容量で、しかも値段も安いということになります。

 

また、その日の通信量で余った分は次の日に繰り越すことができるので、あまり使わない日が1日でもあれば、次の日の通信量が多くなり、結果余ってまた次の日が多く、というように、意外と多くの通信ができると思います。

 

 

さらに、勢い余って使い過ぎてしまい、月末に通信制限がかかって全然通信できない!という事態も防げます。1日ごとに通信量を調整できるので、スマホ代節約にもつながります。

 

 

このように、1日単位の通信容量プランは、コスパで見ても節約効果で見ても、かなりお得になっているので、せっかくOCNモバイルONEに申し込むなら、ぜひ1日ごとの通信量プランを使ってみることをオススメします!(プランは毎月変更することも可能です。)

 

 

②開通手数料が300円程度で済む

通常、どの会社も、申し込み時には開通手数料が3,000円ほどかかります。OCNは、最初の申し込みが少し変わっていて、「申し込みパッケージ」というものを、家電量販店やAmazonや楽天市場、ヤフーショッピングで購入できるようになっています。OCNでは、このパッケージ代が、他社でいう開通手数料に相当します。

 

 

そして、パッケージ代は本来3,000円なのですが、Amazonや楽天市場で買うと、90%オフの300円(税込324円)で購入できます。もちろん送料も無料なので、開通手数料はこれだけで済みます。

 

Amazonユーザーなら体感していると思いますが、Amazonは基本、注文したら翌日には届くケースがほとんどです(地域によります)。店頭で買うのとそれほど変わらないので、OCNモバイルONEに申し込む際はネットでのパッケージ申し込みをおすすめします(公式サイトからAmazonや楽天の購入ページに飛ぶことができます)。

 

 

③利用開始月の料金無料

OCNは、開通手数料の少なさに加え、申し込み初月の料金が無料になっています。これらのサービスを合わせると、合計で初期費用をかなり抑えることができ、乗り換えもしやすくお得になっています。

 

④無料のオプションサービスが豊富

OCNは一流の通信ブランドなだけあり、多くの豊富なオプションサービスを無料で使用できます(最初からついています)。例えば、

 

・全国48,000箇所のWi-Fiスポットを使用可能(要登録/2016年6月末まで)

・国際電話

・国際ローミング

・転送電話

・迷惑電話拒否

・SMS拒否

・遠隔操作

・着信通知

・英語ガイダンス

・公共モード(発信先に、電話の利用を控えなければならない旨をガイダンス)

・050plusアプリ(低額通話料アプリ/申し込み必要)

 

これらのオプションが全て無料でついてきます。特に050plusアプリは、固定電話へ8円/3分携帯電話へ16円/1分という低額で通話発信できるので、おすすめです。

⑤OCN光モバイル割

OCN光のネット回線を利用している方は、セット割引として、OCN光モバイル割が適用され、月額料金が200円引になります。

 

もともと安いスマホ代が毎月200円安くなるのはとてもお得なサービスなので、OCN光をご利用の方は、OCN光モバイル割の申し込みも忘れずにするようにしましょう!

 

button1

 

OCNモバイルONEの通信速度は?

OCNモバイルONEの通信速度は、速いのでしょうか?第三者機関による速度テスト結果から、実質の通信速度について見ていきます。

 

速度テスト結果を見ていると、少し遅めといった印象です。格安スマホの通信速度は、通信設備の充実度と、ユーザー数で決まります。OCNは、通信設備の質は良いのですが、ユーザー数が多すぎて、その分やや速度が低下しているようです。

 

通信設備は日々増強されていて、品質は向上しているのですが、それを上回る量で新規ユーザー数が増えた場合、なかなか速度は向上しません。OCNは、人気の影響で速度が出にくいといった、歯がゆい状態になりがちといえるでしょう。

 

OCNモバイルONEの信頼度は?

格安スマホにおいては、会社の信頼度というものが重要になります。キャリアスマホと違い、サービスの品質や速度などが完全に会社次第になり、実際に会社間で大きな差が生まれているからです。

 

OCNは、特に通信面での実績は文句なしのため、信頼できると言えます。ただ、実績のある大手に共通して見られるのは、良くも悪くも安定している、ということす。mineoなどの、非通信事業からの参入企業は、斬新で役立つ新規サービスが次々追加されるのに対し、通信大手はサービス面での積極性では劣ります。

 

 

格安スマホにサービスは特に求めておらず、あくまで電話機としての機能性を重視するなら、通信大手のOCNはおすすめです。

OCNモバイルONEを使用する時気をつけること

OCNモバイルONEに申し込む際は、以下の点に気をつけるようにしましょう。

 

・6ヶ月の最低使用期間がある

・OCNで端末を購入する場合、分割購入はできない

 

まとめ

OCNモバイルONEは、知名度などから、ユーザー数ナンバーワンを誇るMVNOです。安定感がある一方、ユーザー数過多による速度低下、新規サービスの少なさなどのデメリットが挙げられます。

 

現在OCN光回線を利用している方や、あまりスマホ使用量が多くないという方は、OCNに向いていると言えます。

 

button1

 

 

今月のおすすめ格安SIM

ワイモバイル

ワイモバイルはソフトバンクの子会社で、キャリアと格安SIMの良いとこどりができる現状最もバランスが良いブランドです。ソフトバンクと変わらずストレスの無い通信速度の一方で料金が大幅に安くなっています。初めての格安SIMであったり、安くなっても品質を落としたくないという人に特にオススメ。基本料金の中に10分かけ放題が含まれていたりキャンペーンが他社より豪華だったりと死角なし。ソフトバンクからの乗り換えでも乗り換え割が適用されるので、すべての人にまずは検討して欲しい格安SIMです。

LINEモバイル

LINEモバイルは、後発で参入した格安SIMながら知名度とサービスの新しさでどんどん人気上昇中の格安SIM。最大の特徴が全格安SIMの中でもダントツの通信速度の速さで、どんな時間帯でもサクサク通信できます。また、キャンペーンの豪華さも特徴的で、3月は3ヶ月間基本料金が無料になるなどいつも以上に豪華なキャンペーン開催中です!

よく読まれている記事

1

ガブリエルどうせ格安SIMに乗り換えるなら、キャンペーンがお得な時がいいなぁ〜! SIMコンシェルジュだよね。でもたくさんある格安SIMのキャンペーンを比較するのってしんどくないですか? SIMコンシ ...

2

スマホの買い替えってかなり大きなイベントですよね。できればやっぱりiPhoneがいい。でも最新のiPhoneってとにかく値段が高い!! iPhoneをもっと安く買う方法ってないの!?と思ってる人は多い ...

3

  格安SIMにもたくさんの使い道がありますが、中でも人気のある使い方が「通話なし・データ通信のみ」での使用。   格安SIMは通話なしプランだと圧倒的に安くなるので、2台目に持つ ...

-おすすめMVNO
-, , , ,

Copyright© 格安SIMコンシェルジュ , 2020 All Rights Reserved.