未分類

(秘)契約してはいけないMVNO(格安スマホ)ランキング

lgf01a201412171300

 

格安スマホの中には、人気があり、ユーザー数も多いにも関わらず、契約をしない方が良い会社というものがあります。なぜこういったケースが発生するかというと、ユーザーを獲得することばかりに力を入れ、契約後はなおざりにする会社が少なからずあるからです。

 

さらに、格安スマホについては、ややこしい部分が多く、しっかり理解し、数ある会社を比較するのにはたくさんの知識が必要になります。結果、ユーザー側もあまりよくわからないうちに会社を選び、契約する場合がほとんどだと思います。

 

 

そして、現実には同じ値段でもっと高品質な会社があるにも関わらず、「格安だからしょうがない」「格安スマホは安い代わりに品質が悪い」といった認識をしてしまい、不満を抱えたまま粗悪な格安スマホを使い続けるのです。

 

 

 

スマホは、毎日欠かさず使い続けるもので、そこでストレスを感じてしまうのは、とても不幸なことだと思います。どうか、めんどくさい気持ちを抑え、MVNOはなんとなく選ばず、こだわって選ぶようにしましょう!

 

 

 

そして、ややこしい部分は、詳しい人(信頼できる人)に聞きましょう。そういった方が周囲に居ないという方は、そのために当サイトのようなものがありますので、ぜひ活用して、自分に合った優良会社を選んでください!

 

 

人気はあるけど個人的にはオススメできない会社ランキング

【第1位】楽天モバイル

楽天モバイルをおすすめできない理由は明確です。「悪質だから」これに尽きます。

 

まず、楽天は、通信速度を測定するスピードテストで不正をしました。格安スマホは、毎月いろんな人や機関が、通信速度を測定し、比較しているのですが、楽天モバイルは、そのスピードテストの時だけ高速数値が記録されるように操作し、通信速度を偽造しました。

 

この、偽の数値を見て、「楽天モバイルは通信速度が速いから安心だ」と思って契約した人がいったい何人いるのでしょうか?同じ格安スマホユーザーとして許せません。

 

 

他にも、楽天は、回線を次から次へと買い替え、新規ユーザーに割り当てているのですが、これにより、契約時期によって通信速度が全然違うという事態が発生しています。これも、何も知らずに粗悪な回線を割り振られたユーザーは、相当ストレスを感じているか、再乗り換えする羽目になったことと思います。

 

 

このような事件を耳にした時、私は驚きませんでした。というのも、楽天という会社自体がそういうグレーなことを平気でする会社だからです。過去、他の楽天サービスでも不祥事があったことは、知っている方も多いと思います。

 

 

とはいえ、それでも楽天に人気があるのは、安さやサービスに一定のメリットがあるからです。実際に、楽天ポイント連携を使用した時の実質的な安さはすごいです。ただ、今回は、スマホというとても身近なツールなだけに、用心して欲しいのです。

 

安さやポイントサービスから、楽天モバイルを選ぶ方は多くいます。ただ、楽天を選ぶにしても、これらのことを知った上で、あくまで「安かろう悪かろう」になる可能性があることは認識しておいてください。

 

 

【第2位】OCNモバイルONE

OCNモバイルONEは、決して悪質な会社ではありませんし、何と言ってもユーザー数No.1のMVNOです。ただ、正直に申しますと、なぜそこまでOCNのユーザーが多いのか理解できません。おそらく、テレビCMを早いうちから行っていたり、会社自体の知名度もあり、通信系の会社ということでユーザーが多いのだと思います。

 

 

しかし、OCNは、通信速度がびっくりするくらい遅いです。ユーザー数の多さが速度低下にも繋がっているのだとは思いますが、一向に改善される見込みがありません。加えて、特に目立ったサービスや安さがあるわけでもありません。

 

 

おそらく、OCNにはなんとなくで会社を選んでしまったライトユーザーが多いのではないでしょうか?冷静に判断すると、速度も価格もサービスも上の会社は他にいくらでもあります。世の中の、「格安スマホは通信速度が遅い」といった情報は数いるOCNユーザーが流しているのではないかとすら感じてしまいます。

 

 

とにかく、止めはしませんが、敢えて選ぶ理由が見当たらない、という意味での、契約しない方が良い会社として選びました。格安スマホにおいては、「ユーザー数No.1」という謳い文句は、むしろマイナス要素であることを認識しておきましょう。

 

 

【第3位】FREETEL

FREETELも、楽天と同じように、速度テストにおけるごまかしが発覚しました。信用度という点で、大きなマイナスです。

 

ただ、FREETELが楽天と異なるのは、ごまかしを抜いても、速度は比較的速いということです。速いならそんなことせずに正々堂々挑んで欲しいと思うのですが、新興企業のためハンデがあることも影響しているのかもしれません。

 

FREETELはインパクトが大きく存在感もありますが、良くも悪くも未知数な企業だと言えます。ブランディングも上手く、新しいもの好きには惹かれる会社ですが、リスク面もしっかり認識しておきましょう。

今月のおすすめ格安SIM

ワイモバイル

ワイモバイルはソフトバンクの子会社で、キャリアと格安SIMの良いとこどりができる現状最もバランスが良いブランドです。ソフトバンクと変わらずストレスの無い通信速度の一方で料金が大幅に安くなっています。初めての格安SIMであったり、安くなっても品質を落としたくないという人に特にオススメ。基本料金の中に10分かけ放題が含まれていたりキャンペーンが他社より豪華だったりと死角なし。ソフトバンクからの乗り換えでも乗り換え割が適用されるので、すべての人にまずは検討して欲しい格安SIMです。

LINEモバイル

LINEモバイルは、後発で参入した格安SIMながら知名度とサービスの新しさでどんどん人気上昇中の格安SIM。最大の特徴が全格安SIMの中でもダントツの通信速度の速さで、どんな時間帯でもサクサク通信できます。また、キャンペーンの豪華さも特徴的で、3月は3ヶ月間基本料金が無料になるなどいつも以上に豪華なキャンペーン開催中です!

よく読まれている記事

1

ガブリエルどうせ格安SIMに乗り換えるなら、キャンペーンがお得な時がいいなぁ〜! SIMコンシェルジュだよね。でもたくさんある格安SIMのキャンペーンを比較するのってしんどくないですか? SIMコンシ ...

2

スマホの買い替えってかなり大きなイベントですよね。できればやっぱりiPhoneがいい。でも最新のiPhoneってとにかく値段が高い!! iPhoneをもっと安く買う方法ってないの!?と思ってる人は多い ...

3

  格安SIMにもたくさんの使い道がありますが、中でも人気のある使い方が「通話なし・データ通信のみ」での使用。   格安SIMは通話なしプランだと圧倒的に安くなるので、2台目に持つ ...

-未分類
-, , ,

Copyright© 格安SIMコンシェルジュ , 2020 All Rights Reserved.