おすすめMVNO シェアプラン

使った通信分だけの支払いが評判の、エキサイトモバイル

d1346-513-492589-3

 

エキサイトモバイルは、従量制(使用した通信量に応じて料金が決まる)の料金体系が人気の格安スマホ。従量制プランのある格安スマホは少ないので、毎月の使用通信量が不定期な方、速度制限されるのが嫌という方は、使いやすい格安スマホになっています。

 

また、SIMカード3枚で申し込むシェプランも非常に割安でオススメです。シェアでの利用を考えている方も要チェックです!

 


支払いは使った分だけ。従量制プラン

エキサイトモバイルの最大の特徴が、「定額プラン」「最適料金プラン」の好きな方を選べる、というところです。この「最適料金プラン」というのが、いわゆる従量制プランになっていて、1GBごとに、使った通信量によって月々の料金が決まります。

 

従量制のメリット

従量制のメリットは、そもそも通信量が余ることが無いため、必然的に最安価格での支払いができる、ということです。通常の契約だと、たいてい通信量が余ってしまってどんどん繰り越し容量が積もっていくか、通信量不足で速度制限をくらってしまうかのどちらかです。管理人は前者です(笑)。

 

 

従量制なら、速度制限や通信量の余り過ぎはまず回避できます。特に、毎月の使用容量がバラバラな方や、速度制限のストレスを味わいたく無い方、月々の使用量が少ない方には、従量制はとても使いやすいはずです。

 

 

従量制のデメリット

一方、従量制のデメリットは、限度が無い分使いすぎてしまうこともある、ということです。マイページやアプリなどでしっかり通信量を把握しないと、気が付いたら、「こんなに通信したっけ!?」ということになってしまいます。

 

 

また、定額プランだと、余ったら余った分だけ通信量を繰り越せますが、従量制の場合、端数の通信量は翌月に持ち越せません。エキサイトモバイルは、例えば6.1GB使用した月は7GB料金での請求、というように、端数の通信量は切り捨てになってしまいます。そのため、半端に通信をすると、少し損をしてしまうことになります。

 

 

これらのデメリットから、従量制は、動画などを多く見て、通信量が上がりがちな方や、端数の通信量を切り捨てるのがもったいないと感じる方には、向いていないと思います。

 

 

通信量が多くなる方は、DTI SIMなどの、通信し放題のプランに申し込むのがオススメです。

 

 

SIMカード3枚でのシェアプラン

エキサイトモバイルのもうひとつの特徴が、SIMカード3枚で通信量をシェアできるプランがあり、そのシェアプランがかなりお得な価格設定になっている、というところです。

 

特に、シェアプランの場合、必然的に合計使用容量も多くなると思うのですが、使用量が多いほどお得になる料金体系です。例えば、8GB使用の場合、SIMカード1枚コースで2,120円/月なのに対し、SIMカード3枚コースで2,190円/月と、その差はわずか70円だけです。

 

SIMカードが1枚でも3枚でもほぼ同じ金額というのは、めちゃめちゃお得だと思いませんか?家族3人でシェアなどの使い方をすれば、一家まとめてスマホ代を4,000円以内に抑えるなんてこともできちゃいます!

 

 

エキサイトモバイルの料金プラン

エキサイトモバイルの料金は、最適通信プランと定額プラン、それぞれ以下のようになります。

 

<最適通信プラン>

高速データ通信量
(月あたり)
コース
1枚コース 3枚コース
低速通信のみ※1 500 円(税抜) --
100MB -- 1,050 円(税抜)
500MB 630 円(税抜) 1,100 円(税抜)
1GB 660 円(税抜) 1,180 円(税抜)
2GB 770 円(税抜) 1,340 円(税抜)
3GB 880 円(税抜) 1,550 円(税抜)
4GB 1,150 円(税抜) 1,780 円(税抜)
5GB 1,450 円(税抜) 1,890 円(税抜)
6GB 1,600 円(税抜) 1,950 円(税抜)
7GB 1,900 円(税抜) 2,100 円(税抜)
8GB 2.120 円(税抜) 2,190 円(税抜)
9GB 2,200 円(税抜) 2,380 円(税抜)
10GB 2,380 円(税抜) 2,540 円(税抜)
11GB -- 2,830 円(税抜)
12GB -- 3,100 円(税抜)
13GB -- 3,450 円(税抜)
14GB -- 3,790 円(税抜)
15GB -- 3,980 円(税抜)

 

<定額プラン>

高速データ通信量
(月あたり)
コース
1枚コース 3枚コース
1GB 670 円(税抜) 1,260 円(税抜)
2GB 770 円(税抜) 1,450 円(税抜)
3GB 900 円(税抜) 1,680 円(税抜)
9GB 2,250 円(税抜) 2,460 円(税抜)
20GB 4,750 円(税抜) 5,180 円(税抜)

(公式サイト価格表より作成)

上記の料金は、すべてデータ通信のみの価格表示になっています。音声通話機能をつけるには、SIMカード1枚あたり700円/月の追加料金が必要になります。SMS(ショートメッセージ)のみ使用したい場合は、140円/月になります。

エキサイトモバイルの価格設定は、格安スマホ市場全体で見ると、標準〜やや安めの価格です。通信量別に比較しても、概ね標準か、標準よりやや安い水準になっています。

エキサイトモバイルの通信速度は?

エキサイトモバイルの通信回線は、IIJmio系の通信回線を使用しているようです。IIJmio系の通信回線は、一定の品質が確保されている回線と言え、通信速度に関しては問題は無さそうです。

 

同様にIIJmio系の回線を使用している他社は、どの会社も安定した速度を記録しているため、エキサイトモバイルも同等と考えて良いと思います。

 

 

まとめ

エキサイトモバイルのメリットは、やはり従量制割安なシェアプラン、この2点に尽きます。ですので、このどちらかに魅力を感じた方は、エキサイトモバイルに向いています。

 

逆に、定額プランや通話面などから見ると、敢えてエキサイトモバイルを選ぶ必要は無いのかな、という感想です。特に、格安スマホの最大の付加価値である、独自サービスの充実度という面から見ると、エキサイトモバイルは少し弱いです。

 

 

従量制を利用したいならエキサイトモバイルを、シェア利用したいならTONEモバイルBIGLOBEなどと比較の上、自分に合った会社を選ぶことをオススメします^^

今月のおすすめ格安SIM

ワイモバイル

ワイモバイルはソフトバンクの子会社で、キャリアと格安SIMの良いとこどりができる現状最もバランスが良いブランドです。ソフトバンクと変わらずストレスの無い通信速度の一方で料金が大幅に安くなっています。初めての格安SIMであったり、安くなっても品質を落としたくないという人に特にオススメ。基本料金の中に10分かけ放題が含まれていたりキャンペーンが他社より豪華だったりと死角なし。ソフトバンクからの乗り換えでも乗り換え割が適用されるので、すべての人にまずは検討して欲しい格安SIMです。

LINEモバイル

LINEモバイルは、後発で参入した格安SIMながら知名度とサービスの新しさでどんどん人気上昇中の格安SIM。最大の特徴が全格安SIMの中でもダントツの通信速度の速さで、どんな時間帯でもサクサク通信できます。また、キャンペーンの豪華さも特徴的で、3月は3ヶ月間基本料金が無料になるなどいつも以上に豪華なキャンペーン開催中です!

よく読まれている記事

1

ガブリエルどうせ格安SIMに乗り換えるなら、キャンペーンがお得な時がいいなぁ〜! SIMコンシェルジュだよね。でもたくさんある格安SIMのキャンペーンを比較するのってしんどくないですか? SIMコンシ ...

2

スマホの買い替えってかなり大きなイベントですよね。できればやっぱりiPhoneがいい。でも最新のiPhoneってとにかく値段が高い!! iPhoneをもっと安く買う方法ってないの!?と思ってる人は多い ...

3

  格安SIMにもたくさんの使い道がありますが、中でも人気のある使い方が「通話なし・データ通信のみ」での使用。   格安SIMは通話なしプランだと圧倒的に安くなるので、2台目に持つ ...

-おすすめMVNO, シェアプラン
-, , , ,

Copyright© 格安SIMコンシェルジュ , 2020 All Rights Reserved.