LINE MOBILE

LINEモバイルの店舗ってどこにあるの?店舗一覧&ネット申込との比較!

 

ガブリエル
LINEモバイルを申し込みたいんだけど、店舗って無いの?
格安SIMコンシェルジュ
専用店舗は無いけど、ヨドバシやビッグカメラなどの都心店舗内にブースがあるよ。
ガブリエル
うーん、直接話して質問しながら申し込む方が安心な気もするけどどうなのかな。設定とかもありそうだし。
格安SIMコンシェルジュ
近くに店舗があるならそれも良いね。逆にネット申込ならではのメリットもあるから見てみようか!

 

 

LINEモバイルの店舗はどこにある?

 

LINEモバイルは上でも触れたように、現時点で専用のショップのようなものはありません。ヨドバシカメラ・ビッグカメラを中心に、提携先の電気屋さんにコーナーを設けています。

 

ただ、全ての店舗にコーナーがあるわけではないので、しっかり事前に調べていく必要があります。基本的に中心都市に住んでいるならある程度近くに1店舗はあるのではないでしょうか。

 

LINEモバイル取り扱い店舗一覧

 

 

LINEモバイルは、上記の店舗に専用ブースが用意されています。こう見てみると少なく見えますが、主要都市は網羅していそうです。

 

近くに店舗がある場合は、一度覗いてみると良いかもしれませんね!

 

 

店舗申し込みとネット申し込みどっちがいいの?

 

店舗申し込みにもネット申し込みにもそれぞれ違ったメリットがあり、どちらかが優れているというものでもありません。自分はどっちの申し込みが良いのか比べてみてください!

 

店舗申し込みのメリットデメリット

店舗申し込みのメリット

店舗スタッフに直接質問できる

設定などを自分でする必要が無い

即日開通できる

端末を実際に触ることができる

店舗申し込みのデメリット

現地まで行く必要がある

来店者が集中するため混み合いやすい

即日開通するには時間がかかる

担当スタッフの主観に左右される

 

店舗での申し込みは、ひとりで乗り換えするのが不安な人にとってメリットがあります。よくわからない部分を質問したり、設定をやってもらったりしてもらえます。

 

質問はネットのオペレータ、設定は付属のマニュアルで知ることもできますが、何かあった時に不安なら最初からやってもらう方が安心感はあります。

 

一方、そもそも住まいの近くに店舗が無い場合などは物理的に厳しいでしょう。加えて店舗数が少なくブース自体も小さいので、休日などはかなり混雑します。あとはプラン選びや商品知識がひとりの担当スタッフ次第になってしまうのも少し不安です。

 

 

ネット申し込みのメリットデメリット

ネット申し込みのメリット

申込から開通まで家から出なくてよい

日本全国どこからでも申し込みできる

待ち時間が発生しない

自分のペースで情報が得られる

ネット申し込みのデメリット

申込したその日には開通できない

初期設定は自分でやる必要がある

端末は事前にお試しできない

 

ネット申し込みの最大のメリットは、ということに尽きます。自宅から必要事項を入力するだけなので待ち時間もなく短時間で申込み完了できます。

 

オペレーターに電話やチャットで質問もでき、プラン選びも自分のペースで可能です。必要情報は全て明文化されているため後で知らなかったとなることもありません。

 

一方、申し込みからSIMカードが届くまで数日必要なのと、届いてから乗り換えの初期設定は自分でやる必要があります。こういった設定系やネット知識に疎い場合はハードルが高く感じるかもしれません。

 

 

LINEモバイル申し込みの流れ

店舗での申し込みの流れ

店舗申し込みの場合、必要なものを持って店舗のブースに行き申し込みをしたい旨伝えればあとは店舗スタッフさんが誘導してくれます。

 

契約に必要なもの

・本人確認書類(免許証・パスポート・マイナンバーカードなど顔つきのもの。もしくは健康保険証+公共料金領収証or住民票)

・クレジットカード(契約者本人名義のもの。デビットは不可。)

・メールアドレス(Gmail、Yahooなどのフリーメールで可。)

・MNP予約番号(他社から電話番号を引き継ぐ場合)

 

店舗での申込みの場合、本人確認がありますので必ず契約者本人が来店するようにしましょう。必要書類などを忘れると二度手間になってしまうので持ち物もしっかりチェックしましょう。

 

あとは、できれば事前にプラン内容などをネットで調べておき、希望を固めておけばスムーズに申込みすることができます。

 

店舗申込みの場合、即日に開通するケースと後日SIMカードを自宅に届けてくれるケースを選べます。即日開通には作業時間と待ち時間が発生するので早めの時間に行くということは注意しましょう。

 

即日の場合はすぐに開通し、後日郵送の場合は自宅にSIMカードが届いたあと自分で設定をする必要が有るので気をつけましょう。

 

 

ネットでの申し込みの流れ

ネット申込みの場合も、必要なものは店舗の場合と全く一緒になります。

 

契約に必要なもの

・本人確認書類(免許証・パスポート・マイナンバーカードなど顔つきのもの。もしくは健康保険証+公共料金領収証or住民票)

・クレジットカード(契約者本人名義のもの。デビットは不可。)

・メールアドレス(Gmail、Yahooなどのフリーメールで可。)

・MNP予約番号(他社から電話番号を引き継ぐ場合)

 

公式サイトの申込ページに必要事項を入力していき、プラン内容などもここで決めます。画面に沿って申込を完了させれば数日後にSIMカードが自宅に届きます。

 

マニュアルが一緒に送られてくるので、手順に沿って設定を行えば一時間ほどで回線の切り替えが完了します。

 

 

まとめ

 

基本的には、ネットでの自力での申込に不安があると感じる人は店舗に行って申し込むことをお勧めします。設定自体は決して難しいものではなく短時間で終わるのですが、私の周りでも「設定」という言葉自体にアレルギーがあり、わからなくなっていしまう人は居ました。

 

普段からネット利用していてネット通販などを経験している人は、ネット申込が断然楽なのでお勧めです。店舗だとどうしても乗り換えで丸一日潰れてしまう上に体力や交通費なども消費するので、できるのであればネット申し込みの方が合理的ではあります。

 

いづれにせよ、乗り換えはたった1回なので終わってさえしまえば快適で安いスマホライフが待っていますよ^^

 

↓LINEモバイルの詳細記事はこちら
↓LINEモバイル公式サイトはこちら

 

今月のおすすめ格安SIM

ワイモバイル

ワイモバイルはソフトバンクの子会社で、キャリアと格安SIMの良いとこどりができる現状最もバランスが良いブランドです。ソフトバンクと変わらずストレスの無い通信速度の一方で料金が大幅に安くなっています。初めての格安SIMであったり、安くなっても品質を落としたくないという人に特にオススメ。基本料金の中に10分かけ放題が含まれていたりキャンペーンが他社より豪華だったりと死角なし。ソフトバンクからの乗り換えでも乗り換え割が適用されるので、すべての人にまずは検討して欲しい格安SIMです。

LINEモバイル

LINEモバイルは、後発で参入した格安SIMながら知名度とサービスの新しさでどんどん人気上昇中の格安SIM。最大の特徴が全格安SIMの中でもダントツの通信速度の速さで、どんな時間帯でもサクサク通信できます。また、キャンペーンの豪華さも特徴的で、3月は3ヶ月間基本料金が無料になるなどいつも以上に豪華なキャンペーン開催中です!

よく読まれている記事

1

ガブリエルどうせ格安SIMに乗り換えるなら、キャンペーンがお得な時がいいなぁ〜! SIMコンシェルジュだよね。でもたくさんある格安SIMのキャンペーンを比較するのってしんどくないですか? SIMコンシ ...

2

スマホの買い替えってかなり大きなイベントですよね。できればやっぱりiPhoneがいい。でも最新のiPhoneってとにかく値段が高い!! iPhoneをもっと安く買う方法ってないの!?と思ってる人は多い ...

3

  格安SIMにもたくさんの使い道がありますが、中でも人気のある使い方が「通話なし・データ通信のみ」での使用。   格安SIMは通話なしプランだと圧倒的に安くなるので、2台目に持つ ...

-LINE MOBILE

Copyright© 格安SIMコンシェルジュ , 2020 All Rights Reserved.