格安スマホお得情報

格安スマホ3台で1万円切る理由を徹底解説!

今、キャリアスマホを利用している方。月額いくら払っていますか?

 

キャリアスマホの月額平均は、約6,500円と言われています。私の周りでは、8,000円〜10,000円ほど支払っている人もたくさんいます。

 

そういった方からすれば、スマホ3台で1万円切る理由なんて、粗悪なスマホだからに決まっているだろう!と思うのではないでしょうか?安心してください、将来的にはスマホ1台で1万円もする時代があったんだね〜なんて言われる時代が来ます。

 

 

スマホ代っていくら払うのが正しいの?

そもそも、スマホ1台に月1万円近くも支払うのが当たり前になってしまっているのはなぜでしょうか?1年で12万円ですよ!?・・・その価値って誰が決めたんでしょうか?売り手側が一方的に決めた値段ですよね。

 

 

総務省は、大手キャリア3社に対し、価格の見直し要求を何度も行っています。どう考えても携帯代が高すぎるからです。でも、実際はほとんど安くなりません。それもそのはず、スマホは生活になくてはならない上に、ほとんど3社独占状態で、価格がいくらだろうが売れるからです。

 

 

極端な話、明日突然スマホ代が月額1,000円UPしたとして、「じゃあ携帯電話なんてもう使わない!」ってなる人は、少ないと思います。結局いくらだろうが払うしかないのです。電気代の値上げと同じで、逆らうことはできません。

 

そして、なくてはならないものだから、その価格こそが正しい価値なのだと錯覚してしまいます。

 

 

 

国はスマホ代においては消費者の味方

総務省から、「もっとスマホ代安くしなさいよ」という異例の通達がいっていることは書きましたが、そもそも格安スマホ自体も、国の政策によるものなんです。

 

 

独占3社が何回注意してもスマホ代を安くしない。どうすれば消費者の負担を減らせるだろうか?と考えた末に、大手キャリア以外の会社が、キャリアの通信設備を借りて新規参入できることを決めたのです。

 

キャリアからすれば、当然ライバルを増やすようなことはしたく無いはずです。でも、国の指示なんだから仕方ありません。結局、キャリアの回線は貸し出され、格安スマホのサービスが始まったのです。

 

 

格安SIMが安い3つの理由

(↓管理人の支払明細)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-24-22-31-34 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-24-22-32-16

 

大手キャリアのスマホ代の平均月額が6,500円なのに対し、格安SIMの平均月額は2,000円ほどです。格安SIMがここまで安いのには、しっかりとした理由があるんです。

 

①回線設備をレンタルしているので設備費がかからない

まずひとつは、格安SIMというサービスの仕組みそのものにあります。これまで、携帯事業は設備の規模の大きさから、新規参入なんて不可能でした。そのせいで高い価格が維持され、それを改善するために総務省によって回線設備のレンタルが強制されました。

 

格安SIMは、回線設備をdocomoやauに借りて、その上で独自の運営やサービスを提供しています。設備の維持や保守には莫大なお金がかかりますが、レンタルなのでそういった費用は一切発生しません。

 

 

キャリアの場合、設備費はスマホ代に上乗せされますが、格安SIMでは不要なため、スマホ代もその分安くなるのです。

 

 

②実店舗が少ないので、人件費や家賃などの費用がかからない

キャリアのケータイショップって、本当にどこにでもありますよね。駅ごとに1店舗はあったりして、どこに住んでてもすぐに行けます。たしかにこれは携帯が壊れた時とかに便利ですが、さすがに多すぎると思いませんか?

 

人にもよりますが、ケータイショップに行く機会って、そうそう多くはないと思います。しかも、行っても手続きだけでお金が発生しない場合も多いです。

 

なら、日本全国に大量にあるケータイショップの開店費、家賃、人件費などはどうやって賄っているのか?当然、私たちのスマホ代です。これでは、スマホ代が高くなってしまうのも仕方ありません。

 

格安SIMは、実店舗を限りなく少なくしたり、既にある施設の一部分で展開するなどして、この部分の余計な費用をザックリ削っています。ですので、私たちの払うスマホ代もザックリ安くなるのです。

 

 

③正しい価格競争が行われているので適正価格で販売される

どんな業界でも売り手の少ない市場では、消費者の立場が弱いため、価格は高くなります。格安SIMは、200社以上が参入していて非常に活発な市場です。

 

ですので、価格競争も激しく、余計な利益を乗せるようなことはありません。各社最大限安い値段でサービス提供した上で、最大限満足してもらえる独自サービスを工夫しています。

 

当然、「もっとスマホ代安くしなさいよ」なんて、言われるはずがありません。格安SIMこそが、しっかりとした適正価格なのです。

 

 

格安スマホ3台で1万円切る理由

まとめると、格安スマホ3台で1万円切る理由は、何も不思議なことではありません。

 

 

キャリアスマホを基準に考えれば、たしかに格安スマホは「格安」です。でも、格安スマホの方が適正価格に近いのだとすれば、キャリアスマホの方が「割高スマホ」になるんです。つまり、スマホ代は、3台契約しても1万円を切るほど、本来安いものなんです。

 

 

↓管理人も愛用のmineo!10月まで限定のキャンペーン中なので要チェックですよ^^
mineo

今月のおすすめ格安SIM

ワイモバイル

ワイモバイルはソフトバンクの子会社で、キャリアと格安SIMの良いとこどりができる現状最もバランスが良いブランドです。ソフトバンクと変わらずストレスの無い通信速度の一方で料金が大幅に安くなっています。初めての格安SIMであったり、安くなっても品質を落としたくないという人に特にオススメ。基本料金の中に10分かけ放題が含まれていたりキャンペーンが他社より豪華だったりと死角なし。ソフトバンクからの乗り換えでも乗り換え割が適用されるので、すべての人にまずは検討して欲しい格安SIMです。

LINEモバイル

LINEモバイルは、後発で参入した格安SIMながら知名度とサービスの新しさでどんどん人気上昇中の格安SIM。最大の特徴が全格安SIMの中でもダントツの通信速度の速さで、どんな時間帯でもサクサク通信できます。また、キャンペーンの豪華さも特徴的で、3月は3ヶ月間基本料金が無料になるなどいつも以上に豪華なキャンペーン開催中です!

よく読まれている記事

1

ガブリエルどうせ格安SIMに乗り換えるなら、キャンペーンがお得な時がいいなぁ〜! SIMコンシェルジュだよね。でもたくさんある格安SIMのキャンペーンを比較するのってしんどくないですか? SIMコンシ ...

2

スマホの買い替えってかなり大きなイベントですよね。できればやっぱりiPhoneがいい。でも最新のiPhoneってとにかく値段が高い!! iPhoneをもっと安く買う方法ってないの!?と思ってる人は多い ...

3

  格安SIMにもたくさんの使い道がありますが、中でも人気のある使い方が「通話なし・データ通信のみ」での使用。   格安SIMは通話なしプランだと圧倒的に安くなるので、2台目に持つ ...

-格安スマホお得情報
-, ,

Copyright© 格安SIMコンシェルジュ , 2020 All Rights Reserved.